記事一覧

2001年からカード事業に参入・トヨタファイナンス(メーカー系)

トヨタファイナンスは、もともとはトヨタ自動車の自動車ローンを全国の自動車ディーラーに提供する、オートローンビジネスからスタートしている。自動車メーカー系クレジット会社の代表である。日本全国に広がっているトヨタ自動車の営業販売拠点網と、そこで働いているディーラーセールスマンに対して、オートローンという金融商品を提供することにより、側面から支援を行なってきた会社だ。

2001年より、本格的にクレジットカード事業もスタートさせた。それは、トヨタファイナンシャルサービスグループの中核として、「お客様の利益やニーズを第一に考える」という企業理念のもと、付加価値の高い金融サービスを提供することにより、トヨタグループの商品・サービスの拡販を支援し、さらにはライフスタイルをトータルにサポートする新しい金融ビジネスの展開を図っていく、という構想から誕生した。

同社の強みは、トヨタ自動車の営業力と営業網、それに格付機関から得た「AAA(トリプルエー)」という最高ランクの格付(=低コストでの資金調達力)である。主な事業内容は、自動車販売店が自動車を販売しやすく、消費者が自動車を買いやすくするための分割払い可能なオートローン、設備投資のための機器リース、住宅購入のための住宅ローン、そして「カーライフ」「ファイナンス」「ライフスタイル」という三つの側面から消費者の生活のトータルサポートをめざすクレジットカードである。